Click here

今の自分に本当に必要か?と自問しよう

この数年で転職は珍しいものではなくなり、転職もしやすくなりました。
年収を上げるため、ステップアップのため、希望の企業へ就職するためなどさまざまな転職のきっかけがあります。転職そのものは簡単に出来るようになりましたが、どんなきっかけであれ本格的に転職活動を始める際にはそもそも転職をすることが一番良いことなのかどうか考えてみましょう。
勢いだけで転職をしてしまい、条件が悪くなってしまった職場なら転職を繰り返してしまう事もあります。安易な転職によりキャリアが途切れることもあり、おすすめはしません。

転職理由として多いのが、希望の仕事に変えるためというものです。新卒時のあこがれの企業へ就職する、外国で働くなど転職希望者によっていろいろな目的を持っています。
こういった方は、現職での異動で望んでいる仕事が出来ないか確認しましょう。
きちんとした理由で異動したいことを伝えればその仕事が出来るかもしれません。
入社したてで希望の仕事と違う場合は、契約違反のような場合でない限り1年以上はしっかり働いてみることをおすすめします。入社後すぐの転職活動は一般的に人事から良い評価をもらえません。

年収を上げたいということで転職活動をしている人も多いですね。
転職により年収が上がる人もいますが、必ずしも転職によっていきなり年収が上がるというわけでもありません。新しい職場においては転職者は新人なのでよほどのことが無い限り年収額は現状維持となることが多いのです。
転職のメリットばかり考えていると失敗してしまう事もあります。転職が多くなるとそれだけ企業の印象が良くないことも確かです。転職をすることでのリスクもふまえて慎重に企業選びや選考を進めていきましょう。それでは次のページから、転職について悩むみなさんの相談にお答えしていきたいと思います。